TOP » ガソリンスタンド » まめ知識 »ガソリン税・軽油税と消費税

ガソリン税・軽油税と消費税

| コメント(4) | トラックバック(0)

たびたびお客さんから質問を受けるんですが、

ガソリン税に消費税がかかっているのはなぜか?

軽油税には消費税がかからないのはなぜか?

ガソリン税・軽油税と消費税

これはおっしゃる通りでして…

軽油の場合は、

(軽油原価×消費税率)+軽油税

ガソリンの場合は、

(ガソリン原価+ガソリン税)×消費税率

となっています。

つまりガソリンの場合は、

ガソリン税にも消費税がかかっている

いわゆる二重課税(Tax on Tax)になってます。

お酒にかかる酒税やたばこにかかるたばこ税も同じく二重課税。

このガソリンと軽油の違いはというと・・

ガソリン税の納税義務者はメーカー

ガソリン税は「ガソリン製造時のコスト」として原価に組み込まれるもの。

つまり「ガソリン税を含む商品」に対して消費税がかかる。

それに対して、軽油は

軽油税の納税義務者は消費者

軽油が販売された時点で軽油税が課されるので、軽油税自体には消費税を課することはない。

なので、軽油税はお客様から預かった軽油税分を毎月当店(末端のガソリンスタンド)が地方自治体(うちの場合は島根県)に納めに行ってます。

ガソリン税は、上記のような性質の税金ですので、元売(メーカー)さんが国に対して納めていると思います。当店の仕入価格はすでにガソリン税が含まれた価格ですので。

…と、まあ納得できるようなできないような。

結局お金の出所は「消費者」さんですからね。

ガソリン税(53.8円/L)がもう少し抑えられれば我慢できるんですけど…。

ちなみに現在の53.8円は「暫定措置」です。本来は28.7円。

この措置は今年度(H19年度)いっぱいで期限切れです。

租税特措法改正案が今年度中に通らなかったら、

来年4/1からはガソリン半額。

ただし流通は混乱、道路財源も大幅減。

改正案に民主党は反対の構えを見せてますので、「租税特措法改正案」大きな焦点の一つになりそうです。

追記:なんと書いた通りの事態になりました(;・∀・)

最終更新日:2017年10月25日 10:13

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/3059

コメント(4)

たばこ税の中に消費税は入ってるけど、レジで消費税は追加でとられてないから二重課税ではないでしょ。
酒税は二重課税だと思う。

たばこの消費税は内税なんでわかりにくいですが、
<本体価格+国たばこ税+地方たばこ税+たばこ特別税>に消費税がかかってるので二重課税となります。
一箱440円の場合、
本体価格+国たばこ税+地方たばこ税+たばこ特別税=407.41円
407.41×1.08≒440円
となります。

民主党は政権を取りたいがための、対決混乱化策略で4月からガソリン税分安くなりそう。ガソリン税は蔵出し時に払っているから、地下に貯蔵しているガソリンは税金を支払いずみ。ガソリンスタンドは赤字になるに違いない。
こんな混乱政策で、民主党は支持を得られると考えたら大間違い。

改めて勉強になりました

  • 1

コメントする

Ads by Google

最近のコメント

新規出店情報やイベント告知等、うんせきブログへの情報のご提供はコチラから。

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン