TOP » 島根の話題・情報 » 神社・仏閣 »出雲大社本殿 一般公開

出雲大社本殿 一般公開

| コメント(3) | トラックバック(0)

4/21から始まった出雲大社御本殿の一般公開。

4/20夜の「仮殿遷座祭」で、大國主大神様が御仮殿(現拝殿)にお遷りになられたため、約60年ぶりにご本殿が一般公開されました。

が、60年前は一般公開といっても、氏子のみが入ることを許されたらしいので、

本当の意味での一般公開としては初めてだと思われます。

で、公開初日の21日、ちょうど出雲にいく用事があったので、寄ってきました。

写真撮影はNGだったので、頂いたパンフを…。

出雲大社「平成の大遷宮」 御本殿 特別拝観之証。
出雲大社「平成の大遷宮」 御本殿 特別拝観之証

特別拝観之証の表写真「御本殿天井 八雲之図」
(クリックで拡大)
出雲大社御本殿天井 八雲之図

特別拝観之証裏面の「八雲の図」の説明。

御本殿天井 八雲之図

中央が心の御柱、北側が上段、南側が下段部にあたる。北側空白部は御内殿の位置である。八雲は造営遷宮に際して描かれたものであるが、起源については詳らかではない。下段中央にある最も大きな雲は「心(しん)の雲」といい、遷宮斎行直前の午の刻(正午)、黒雲の部分に「心」入れという秘儀が行われた。これにより「天下泰平・国土安穏・朝廷宝位無動・仁民護幸給」等が祈られ、子の刻(午前零時)、遷宮が斎行された。雲の配置、配色、逆光の一雲等、秘められたものが多い。



■特別拝観レポート

まず、本殿に上るためには1段の高さ約25cmほどの階段を15段上がらなければなりません。お年寄りは大変そうでした。

本殿へ上がると、順番を待ちながらゆっくりと本殿周囲を一周します。

一つ一つが超でかい部材と1744年造営とは思えないキレイさが見ものです。

一周して、南側の御扉と蔀(しとみ)の前で説明を聞きながら、本殿内を拝観できます。

本殿内部は約60畳の畳の間。田の字のように4部分に分けられていて、右奥に御神体が祀られていた「御神座」を見ることができます。「御神座」は西向きです。左正面におられる「御客座五神」は正面向き。(下の「特別拝観のしおり」裏面の平面図を参照)

そして天井には「八雲の図」を見ることができます。(上の写真)

そんなに時間がないので、「心(しん)の雲」を含む7つの雲、1つだけ逆行の雲、配色などを見るといいと思います。

こちらは「特別拝観のしおり」 表面。(クリックで拡大)
出雲大社「平成の大遷宮」 御本殿 特別拝観のしおり

「特別拝観のしおり」 裏面。(クリックで拡大)
出雲大社「平成の大遷宮」 御本殿 特別拝観のしおり

これから行かれる方のために…

チャンスはあと3回。

 ・4月26日から5月6日(GW)
・5月13日から5月18日(大祭礼)
・8月1日から8月17日(夏休み)

受け付けは午前9時から午後3時半まで。拝観には正装が必要です!

それと靴を脱いで入ります。靴下を履いてないとマズイと思います。

最終更新日:2010年4月 2日 17:10

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/3243

コメント(3)

次は60年後ですからね(笑)
もう2度とはいれないだろうなー。

>リキさん
15時半の受付終了直前に行ったんですが、全く並びませんでしたよ。駐車場もガラガラでした。

私は入れませんでした(涙)
21日、かなり行列でしたけど、本殿に入るまでどれくらいかかりましたか?

「特別拝観のしおり」だけもらいましたよ(笑)
それと「仮殿遷座祭」紅白の餅を頂いて帰りました。

必ず正装で行きましょう!

詳しい情報大変参考になりました。又機会を見つけて、是非行ってみたいと思います。

  • 1

コメントする

Ads by Google

最近のコメント

新規出店情報やイベント告知等、うんせきブログへの情報のご提供はコチラから。

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン