TOP » ガソリンスタンド » GSでの出来事 »油水分離槽の清掃

油水分離槽の清掃

| コメント(8) | トラックバック(0)

今日は「油水分離槽」の清掃をしてもらいました。

油水分離槽の清掃

油水分離槽とは、ガソリンスタンドに設置してある連続型の桝で、
油の特性である水より軽い密度を利用して、浮いた油は留め置き、
水だけを次の槽に流す事を3回~4回繰り返すことにより、
油を施設外に放出しないための構造物です。

油水分離槽模式図

槽を経由することにより、油が浮き、泥・ゴミが沈み、
汚濁負荷のへった排水が下水道に流れます。

下水道に油が流出すると、下水管内での火災がおきたり、
下水処理機能の阻害を引き起こす恐れがありますので、
定期的にチェックして溜まった泥やごみを取ってます。

油水分離槽の中はこんな感じになっています。
油水分離槽の清掃

1槽目から4槽目まで順番に吸引車で水を抜いて、
底に溜まった汚泥を吸い上げます。
吸引車=バキュームカーみたいなやつです。

終わったら水で洗浄清掃していきます。

清掃が終わった後は、水を張りなおして終了。
水を張らないと、分離されませんからね。

以上、久しぶりのガソリンスタンドネタでした。

最終更新日:2010年4月 2日 17:11

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/3378

コメント(8)

硬貨が使える機種は便利な分、デメリットもあるのですね。わかりました。

>ミッシーさん
ごぶさたです。ありがとうございます(・∀・)
業者さんには悪いけど、ちょうど天気の悪い日でよかったです(笑)

>ステレオさん
こんばんは(・∀・)
給油機の数と釣銭機の数にもよりますが(あとメーカーも)、トータルだとあまり変わらないと思います。
硬貨も使えるタイプだと、売上の回収にかなり時間がかかるため(その間お客さんが給油できない)、24時間営業のうちの店では採用してません。
釣銭機のタイプだと、売上とお釣りが全く別なのです。
ホントは硬貨も使えるほうがいいんでしょうけど。

見えない所もきっちりされてるのが、うれしいですね(^_^)v 

ガソリンスタンドにはそのような設備があるのですね。初めて知りました。
ガソリンスタンドには紙幣と硬貨の両方が使える給油機と、紙幣のみで別に釣り銭機が必要な給油機の2種類があるのですが、どの機種がコストが高いのでしょうか。

参考になりました。またお邪魔します。

>おやじさん
コメントありがとうございます。

復活されてたんですね~。おめでとうございます(^▽^)

おやじさんのブログは、ブログランキングでかなり上位におられる雲南の方のブログ、ということでよく拝見させてもらってましたヨ。

またちょくちょく見させてもらいます!

こうしたメンテナンスが大切なんですね
そんな中で、この地域では最安値の「うんせき」さんに”敬服”です!!!

  • 1

コメントする

Ads by Google

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン