TOP » 島根の話題・情報 » 商品・書籍 »貫通石ゲット

昨日の続きで「仏経山トンネルの貫通石」ですが…

NEXCOさんに電話してみたら、「まだありますよ」とのご返答。

8ヶ所で配布されていたので、宍道湖SA分がなくなっただけでした。

で、めでたくゲットできましたヾ(゜ω゜)ノ゛

こちら。
仏経山トンネルの貫通石

これが貫通石です。
仏経山トンネルの貫通石

貫通石の謂れと仏経山トンネルについて。
仏経山トンネルの貫通石

貫通石

 トンネル工事の貫通点で記念に採取した石です。貫通石の由来は、「その昔、神功皇后(第14代仲哀天皇の皇后)が出兵のおり、彼の地に於いて敵をいくら攻撃しても効果があがらないときに、ふと脇道に空洞を見つけ、三日三夜不眠で掘り続けた甲斐あってその空洞を突き貫いて、敵の背後から攻め大勝を得たという。その記念に貫通点の石を持ち帰ったところ、産気づき記念の石を枕元に置いていたら、とても元気な男子(第15代応神天皇)を無事出産することができた」という古い言い伝えに因み、安産の御守として珍重されてきました。最近では最後の貫通点の石として、「難関突破」「初志貫徹」の意味合いから合格祈願や結婚記念に人気があります。
なお、この貫通石は当地で学問の神様として知られている菅原天満宮(島根県松江市宍道町上来待)において、弊社社員が受験生の皆様に成り代わり御祓いを受けたものです。


山陰自動車道斐川~出雲間・仏経山トンネルの概要

 山陰自動車道斐川~出雲間は、既に開通した斐川ICから西側へ延伸し出雲市知井宮町の出雲IC(仮称)に至る13.6kmの高速自動車国道です。
仏経山トンネルは、斐川~出雲間で最も長いトンネルです。現在は仏経山と呼ばれている山ですが、古くは「神名火山」と出雲国風土記に記される名山を貫く2,986mのトンネルです。
当トンネルは、平成15年1月に西側(斐川町大字上出西)から掘削を開始、平成16年4月に1,265mを完了し、平成18年7月に東側(斐川町大字直江町)から1,721mの掘削を開始し、平成20年9月25日に貫通しました。
この貫通石は、貫通点で採取したものであり地質は凝灰岩です。

西日本高速道路(株)松江高速道路事務所

貫通石にそんな謂れがあったとは知りませんでした。

神功皇后のお話は日本書紀か古事記でしょうから、約1300年前!

それと同時代の出雲国風土記にある神名火山(仏経山)の貫通石って、なんとなくスゴイような気がします。

最終更新日:2010年4月 2日 17:23

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/3474

コメント(4)

>みくちゃんさん
電話したら最後の15個ですって言われたので、もうないかと…。
山陰道のトンネル、あと1つか2つあるんじゃないですかね?来年も配布があるかも。
私がもらったのも東京の受験生のもとへ送られました。効果あるとイイけどな~。

合格祈願の貫通石ですか
もう、ないですかねぇ

そういえば、あのトンネルは、中は岩石ばかり出してたから、その中の石を利用したんですね。

貫通地点の石じゃないと、ご縁もなんですか。そっかそっか

なんだかスゴい由来ですよね。これならイケそうな気がする~♪

GETしたんですね~♪
最初トンネルと合格ってどういうつながりが?!って思っていたけどそういういわれがあったんだね~!納得^^

  • 1

コメントする

Ads by Google

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン