TOP » 道路・施設・公共工事 » 道路 »浜乃木湯町線 湯町工区完成

浜乃木湯町線 湯町工区完成

| コメント(10) | トラックバック(0)

松江市玉湯町湯町~松江市玉湯町玉造を結ぶバイパス、

「浜乃木湯町線 湯町工区」

が完成し、今週土曜日(8/29)に開通します。


より大きな地図で 県道263号浜乃木湯町線 を表示

県道263号浜乃木湯町線は、

「国道9号横浜町付近から玉湯町の玉造温泉入口まで」

を結ぶ一般県道です。

現在は山陰道松江玉造ICと接続しており、

松江玉造ICから玉造温泉までのアクセス道路として改良中でした。

この改良区間のうち、布志名工区はすでに供用されており、

残る湯町工区(L=1.3km)の工事が平成13年度から行われていました。

浜乃木湯町線を松江玉造ICから玉湯町方面へ西進し、

仙石トンネルを抜けたところが始点部です。

T字路に変更され、直進がバイパス、
浜乃木湯町線 湯町工区
右へ曲ると旧道、玉造厚生年金病院です。

旧道からバイパスを望む。
浜乃木湯町線 湯町工区
この切土部の先に橋が2本(真の谷橋・面白谷橋)あって、

花仙トンネル(L=190m)を抜けて終点となるハズです。

玉湯川沿いの旧道を通って、バイパス終点部付近。

もともとT字路だった道が交差点になりました。
浜乃木湯町線 湯町工区
左折でバイパス、直進で玉造温泉、右折で9号線。

信号機は薄型LEDの茶色バージョン。
浜乃木湯町線 湯町工区

左側のバイパス終点部を正面から。
浜乃木湯町線 湯町工区
花仙トンネルが見えます。花仙トンネル貫通から1年か。

8/29(土)午後3時から供用開始予定です。
浜乃木湯町線 湯町工区
開通式が午前10時から開催されるそうです。

開通により、通勤通学など地元交通の安全性が確保され、

雲南市・宍道・玉湯方面から松江市街へのアクセスが向上。

さらに、

松江玉造ICから玉造温泉までのアクセスがシンプルになり、

観光客の方に対しての効果も大きそうです。

最終更新日:2010年4月 2日 17:25

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/3641

コメント(10)

>ミッシーさん
いやー通りましたけどかなりショートカットですわ。当日は車多かったです。

いい道ができましたね!
宍道に6年ぐらい通ってましたが、9号線が混むとこの裏道をよく走りました(*_*)こんなカーブの少ないいい道なら遅刻しなかったかもしれないなー(*^_^*)

>竹造母さん
はじめまして。
コメントありがとうございますm( __ __ )m
一中・北高なんで石橋のお店は知ってますよ。ブログのほうも何度かお邪魔させてもらってます。ブログのタイトル、ステキですね(・∀・)

>のらさん
へ?玉湯にも住んでたの?
あ~引っ越し先玉湯だったんだぁ。
さすが温泉好きだね~(・∀・)

>ゴリさん
はじめまして。
コメントありがとうございますm( __ __ )m
拙ブログですが… (。・x・)ゝこちらこそヨロシクです。斐川・平田方面は仕事で行く機会が少ないので、記事が少なくて申し訳ないです…。

>ステレオさん
確かに!花仙トンネルの横を登れば宍道湖SAですからね~。まあ、ICが近すぎるので仕方ないですけど(笑)

いつも楽しく拝見させていただいております。

いろいろな情報、アテにさせていただいております!(^^)!

懐かしい近辺だな~
玉湯に住んでいたから^^
29日にとうとう開通なんだね、どんどん道ができて便利になるね~!

はじめまして。
斐川町在住のゴリと申します。
いつも拝読させていただいてオリマス。
いち早い地元の情報、ありがたいです。
今後ともヨロシクお願いします。

給油は平田の三○石油で給油するコトが多いですが、月1回程度は貴社の三刀屋店も利用シマス。(^^;

最後にみしまや田和山店に寄って、帰るときにそこを通りました。何の道路ができるのかと思っていたら、玉造温泉に向かう道路が新しくできるんですね。宍道湖サービスエリアにスマートインターがあるともっと便利になると思うんですけどね。

  • 1

コメントする

Ads by Google

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン