TOP » 島根の話題・情報 » 神社・仏閣 »尾留大明神 天叢雲剣発祥地

尾留大明神 天叢雲剣発祥地

| コメント(2) | トラックバック(0)

雲南市加茂町三代にある、

「尾留(おとめ)大明神旧社地」

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の発祥地です。

ひっそりと…。
尾留大明神旧社地 天叢雲剣発祥地

要するに、スサノオノミコトが八岐大蛇の尾を開いて、

天叢雲剣(草薙剣)を取り出した場所。
尾留大明神旧社地 天叢雲剣発祥地

尾留大明神旧社地 天叢雲剣発祥地

尾留大明神(おとめだいみょうじん)旧社地 (天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の発祥地)

八塩折(やしおり)の酒(さけ)に酔いつぶれた大蛇を退治した須佐之男命(すさのおのみこと)は、この御立薮(おたてやぶ)で大蛇の尾を開いて宝剣を得られたが、その宝剣の上に怪しき雲があったので、「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」と名づけて天照大神(あまてらすおおみかみ)に献上になり、後、三種の神器の一つとして今も名古屋の熱田神宮に祭られている。
この御立薮(現在は畑地)は須佐之男命と稲田姫を尾留大明神(おとめだいみょうじん)と称し広く崇拝されていたが、斐伊川の氾濫により、延亨元年(1744)約200メートル南方のここ大津の丘陵中腹に移転。明治4年に御代(みしろ)神社と改称され、更に大正元年日吉神社地に移転合祀して今の御代神社(南方500メートル)となっている。



「御代神社旧社地跡」
尾留大明神旧社地 天叢雲剣発祥地

ここから北に200mの畑地が八岐大蛇の尾を留めた場所。

北西方向には八岐大蛇が酔っ払って枕にしたとされる

「草枕山」

が見えます。

草枕山

現在は三種の神器として名古屋の熱田神宮にある草薙剣。

“尾を割って”出てきた草薙剣が、

“尾張(オワリ)”の熱田神宮に祭られている…。

興味深い…( θ_Jθ)

最終更新日:2010年4月 2日 17:26

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/3658

コメント(2)

後学になりました。

近々、訪れたいと思います。

もちろん給油は雲南石油で…。

コメントありがとうございますm( __ __ )m
ちょっと場所がわかりにくい上にひっそりと建ってます。八口神社の前の道を走られたら案内板があると思います。
>給油は雲南石油で…。
よろしくお願いします~m( __ __ )m

  • 1

コメントする

Ads by Google

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン