TOP » 新店OPEN情報 » 土地開発 »斐川に新たな商業ゾーン

斐川に新たな商業ゾーン

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日の山陰中央新報さんの新聞記事、

斐川に新たな商業ゾーン

以前から当ブログでも話題になってた斐川の商業施設開発計画です。

場所は出雲市斐川町の「道の駅 湯の川」の北側。

9号線から北に1本入ったとこです。

斐川に新たな商業ゾーン
(予定地北西側から撮影、奥に見えるのが道の駅湯の川)

斐川に新たな商業ゾーンの地図

大きな地図を見る

島根県 出雲市 斐川町 荘原 地内

記事によると…

斐川に新たな商業ゾーン

出雲市斐川町荘原で、不動産会社の日本地所倉庫(岡山市北区)が、敷地面積3万平方メートル規模で複数店舗を構えた商業ゾーンの開発を計画していることが17日、分かった。
(中略)
日本地所倉庫によると、割安な商品を取り扱うディスカウントストアを中心に5、6店舗が出店する。敷地面積3万平方メートルのうち、1万平方メートルに複数の建物を設けて、残りは駐車場として整備する。
関係者によると、全国大手のホームセンター、県内のドラッグストアやスーパーマーケットが出店を計画している。
(以下略)

とのことでした。

コメントで頂いてる情報によると、

全国大手のホームセンター=ナフコ

県内のドラッグストア=ウェルネス

県内のスーパーマーケット=ホック

となりそうな感じ。

つか県内のDSって言ったらウェルネス一択だし。

ホックは今年度「出雲市東部への新規出店」を明言されてるし。

ナフコはまだ計画だけでわからないそうです。

それよりも、

ディスカウントストアを中心に…

ってのが初耳。

HC・DS・SMと共存できるDSってどこだろう?

いずれにせよ、コスモスがオープン間近な上トライアルの噂まである斐川。

この商業施設ができるとさらに影響が大きくなりそうです。

斐川町荘原複合店舗(仮称) - うんせきブログ

斐川町荘原複合店舗(仮称)の店舗配置図 - うんせきブログ

最終更新日:2014年7月15日 08:08

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/5992

コメント(4)

大店法の届出に斐川町荘原複合店舗として載っていました。噂通り、ホック・ウェルネス・ナフコの3店舗です。宍道は商圏に入ると思いますが、平田は3店舗全て揃っているので、微妙なところですね。

中央新報にも出てました。その3店舗+日本地所倉庫が運営する雑貨店+コインランドリー・クリーニング店となっていました。日本地所倉庫が運営する日用品雑貨店1,400平米ってなんですかね。

DSはドンキホーテではないでしょうか?
出店用地募集してたことだし?
または、岡山の大黒天物産か?
これは重なるのでありえないかな。
ドンキホーテが有力じゃないですかね?

ドンキならありえそうですね。競合しないし、逆に他店にもメリットがありそう。一時パラオの跡地に噂がありましたし、ドンキのHPでも重点出店地域として松江・出雲が載ってますし。

  • 1

コメントする

Ads by Google

最近のコメント

新規出店情報やイベント告知等、うんせきブログへの情報のご提供はコチラから。

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン