PC用ページを表示
うんせきブログ
トップ > カテゴリー > 島根の話題・情報 >
山陰に新たな観光列車『あめつち』
TKC
島根の観光
2017/08/19 19:07

一昨日2017年8月17日、JR西日本より概要が発表された、

山陰エリアにおける新たな観光列車『あめつち』

観光列車あめつち
出典:山陰エリアでの新たな観光列車「『あめつち』〜天地の初発の時〜」運行:JR西日本

プレスリリースによると、

列車名は『あめつち〜天地の初発のとき〜』

古事記の書き出し「天地(あめつち)の初発(はじめ)の時、高天の原に〜」に由来するそうです。

日本神話の風景を色濃く残す地が多い山陰にピッタリっすね。

そして、導入時期は2018年7月。

山陰DC(ディスティネーションキャンペーン)の開催に合わせて運行が開始される模様です。

現在プレDC中につき、ラッピングやくもが走ってます。

山陰DCラッピングやくも

運行区間は、鳥取駅〜出雲市駅の間。

2両編成(定員59名)、キハ47形車両を改造して使われるみたいですよ。

キハ47形

ほとんどがテーブル付きの座席になってますので、

日本海・大山・宍道湖の夕陽など美しい景色を楽しみながら、地産品や地元に因んだ食事や飲物をいただく…

というような感じかと思います。

詳細はコチラから。

山陰エリアでの新たな観光列車「『あめつち』〜天地の初発の時〜」運行:JR西日本

トワイライトエクスプレス瑞風に続き、今回の『あめつち』、そして2020年夏ごろには『新たな長距離列車』の導入も発表されていますので、歓迎する側も忙しくなりそう。

決定!JR西「新たな長距離列車」のデザイナー | 特急・観光列車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ちなみに、レスポンスさんの記事によると、『あめつち』のコンセプトワーク・総合ディレクション・監修は、映画監督の錦織良成氏、車両デザインの色彩などは、「崖の上のポニョ」などで美術監督を務めた吉田昇氏(島根県松江市出身)だそうです。

鳥取・島根に新しい観光列車『あめつち』2018年デビュー…「RAILWAYS」監督が監修 | レスポンス(Response.jp)

最近のコメント
匿名

しかし、JR西日本もやりますね!観光列車を山陰で導入するとは!昔から走っている列車を改造されて、運行されるのは、良いと思います。観光客が増えて山陰が活性するねをきたいします。たぶん改造は、後藤工業さんですね!瑞風もそうですしね!

2017/08/19 20:59
ブログランキング ドット ネット