出雲で12万年前の石器発見 

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本最古の約12万年前とみられる前期旧石器時代の石器が、

出雲市多伎町の砂原(すなばら)遺跡で発見されました!!

場所は「道の駅 キララ多伎」のすぐ前です。

「こんなところに遺跡あったっけ?」と思いましたが、

発見者の成瀬教授が、先月8月8日、

地質調査中に偶然発見されたそうです。

島根の旧石器時代の遺跡は宍道湖周辺に固まってますが、

いずれも後期のもの。

ていうか、前期旧石器時代の遺跡は今まで全国でも皆無です。
(ねつ造はありましたが)

砂原遺跡が確定されれば、国内最古!!

何年か前に、

「長崎で約10万年前の地層の中から石器が発見」

というニュースがありましたが、

層位が明瞭とはいえないということで断定されませんでした。

各報道を見ると、今回は層位に関しては問題なさそうですね。

あとは本当に石器なのかどうか?

素人目では割れた自然石にしか見えませんけど… (。・x・)ゝ

今後の調査が楽しみです。

ちなみに今後の予定は…

■調査報告会
2009年10月4日(日)10:30~
多伎コミュニティセンター 大ホールにて
参加費無料 事前申し込み不要

■調査速報展示
2009年10月10日(土)~10月25日(日)
島根県立古代出雲歴史博物館にて

最終更新日:2010年4月 2日 17:26

コメントする

コメント(0)

最近のブログ記事

「全記事一覧」を表示

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

月別アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村