TOP » ガソリンスタンド » 業界ニュース »ガソリン国会

18日に開幕した通常国会。

皆さんご存知のように、「ガソリン国会」などといわれ、道路特定財源の暫定税率が最大の焦点です。

この話題については、昨年9/26のエントリー「ガソリン税・軽油税と消費税」ですでに触れていたうんせきブログです。(・∀・)チゴイネ!

さて、暫定税率期限切れで25円値下げという話も現実味を帯びてきたわけですが、もし下がった場合、ガソリンスタンドとしてはどーなるか?

まず、3月末は「超大規模な買い控え」が起きます。

お客さんだけでなく、ガソリンスタンドとしても仕入れの買い控え。

そして4月を迎えると”買い”が殺到。おそらく配送がパンクするでしょう。

さらに、25円も下がるということは、売上が2/3程度まで落ち込むということです。

そもそもガソリンスタンドは、売上高が大きくて利幅の小さい業種です。

大幅な売上減はキャッシュフローの悪化を招きます。恐らく倒産するところもあるでしょう。

まあとにかく大混乱は必至です(;・∀・)

最終更新日:2010年4月 2日 17:09

Ads by Google

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unseki.co.jp/mt5/usb7various8_toratora.cgi/3167

コメント(0)

コメントする

Ads by Google

最近のコメント

新規出店情報やイベント告知等、うんせきブログへの情報のご提供はコチラから。

カテゴリ

新店OPEN情報
店舗移転・改装など
空地・空店舗・閉店情報
島根の話題・情報
道路・施設・公共工事
保険
ホームページ
その他雑記
情報提供
ガソリンスタンド
価格

アーカイブ

BlogRanking

いろいろ参加してます。

人気ブログランキング 島根県へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ 人気ブログランキングブログ王BLOGKING ブログの殿堂 ブログランキング blogram投票ボタン